NEWS

マック・ミラーの死後初となるライブ音源がリリースされる。ビリー・プレストンのカバーも。

 

今年9月、惜しくもこの世を去ったマック・ミラー(Mac Miller)。彼は生前、5枚目のアルバムとなる「Swimming」の告知に全力を挙げていた。本日、彼がアルバムのリリース後にレコーディングしたライブ音源「Spotify Singles Session」が公開された。プロデューサーとして参加したJ.I.D.のニューアルバム「DiCaprio 2」が先日公開されたことを除けば、これは彼の死後初めてのリリースである。

 

マックはアルバム収録曲「Dunno」に加え、1974年にリリースされたビリー・プレストン(Billy Preston)の「Nothing from Nothing」のカバーを演奏している。「Nothing from Nothing」はビートルズとも共演しているビリー・プレストンの2大ヒット曲の内の一曲である。

 

マック・ミラーの「Spotify Singles Session」は、以下から聴くことができる。

 

Shares

RELATED POSTS