NEWS

Big Seanがインスタグラムの投稿をすべて削除し、自身の鬱症状や自分自身を取り戻すまでについて語る。

 

 

3月25日に31歳の誕生日を迎えたBig Sean(ビッグ・ショーン)が、自身のインスタグラムから全ての投稿を削除した。その際に新しく投稿された3つの動画で、彼は自身の鬱症状や、そのためにセラピーに通い始めたことについてを語っている。その内容を紹介したい。

 

関連記事: Kid Cudiが過去の鬱/自殺願望を乗り越えたことや、Pharrellとの関係が絶たれたことについて語る

 

View this post on Instagram

my thoughts 1/3 🗣

A post shared by BIGSEAN (@bigsean) on

「自分が自分じゃないような気がして、その理由も見つけることが出来なかった。17歳の頃から瞑想を始めるようになったんだ、いままではそれが鬱や不安、人生に起こってきたさまざまな出来事の助けになっていた。でも今回はそれが上手くいかなかった。」

 

今までの自分について、そしてセラピーへ通うまでの経緯を説明したBig Seanだったが、その後については以下のように語っている。

 

View this post on Instagram

my thoughts (2/3) 🗣 CLARITY

A post shared by BIGSEAN (@bigsean) on

「だから俺はセラピーに通い始めることにしたんだ。いいセラピストとも出会えたし、とてもスピリチュアルな考えを持った人たちとも話すことが出来た。それがきっかけとなって、あることを理解したんだ。俺の人生から欠けていたのは、鮮明さと透明性だった。」

 

人間関係の透明性や、自身の思考の鮮明さが人生から欠けていたと語ったBig Seanは、いままでは自分にとって悪い影響を及ぼすような人間関係が多かったとも説明している。自分にとっての逃げ場であったはずの音楽すらも「重荷」に感じるようになってしまったと彼は語っており、しばらく楽曲をリリースしてこなかった理由を語った。

 

しかし現在は音楽を作る楽しさも取り戻し、「いままでの人生で1番いい音楽」を制作するようになったと話すBig Sean。最終的に彼は、自分にとって大切な人間との関係や、特に自分自身との関係を築いていくことにフォーカスしていくことで「鮮明さ」を取り戻したと語っている。

 

近いうちに彼から新しい楽曲のリリースなどが発表されることを期待したい。

 

View this post on Instagram

my thoughts (3/3) 🗣 UNCONDITIONAL LOVE

A post shared by BIGSEAN (@bigsean) on

Shares

RELATED POSTS