NEWS

キム・カーダシアンが暴力を伴わない罪で収監されていた17人を釈放させる。

 

 

Kim Kardashian(キム・カーダシアン)が、「90 Days of Freedom」という活動に協力し、収監されていた17人の釈放を手助けしたことがTMZによって報じられた。

 

関連記事: カニエ・ウェストが教会の設立を考えていると報道される

 

「90 Days of Freedom」は、麻薬の所持などによる「暴力を伴わない低レベルの罪」で収監されている者を解放するためにスタートした活動であり、Decarceration Collectiveの弁護士MiAngel Codyと、キム・カーダシアンの弁護士であるBrittany K. Barnettが立ち上げたものとなっている。

 

最近公開されたE!Newsのインタビューにて、キム・カーダシアンはこのような活動を始めた理由について、以下のように語っている。

 

司法にとても興味があると、数年前に父と話したんです。彼からは「大変な道だぞ。そのような活動を本当にやりたいのか?」というようなことを言われました。しかしAlice Marie Johnsonとの一件で、彼女のような、二度目のチャンスが必要な人のために闘うモチベーションを得ることが出来たんです。」

 

Alice Marie Johnsonは、今回の活動によって解放された17人と同じく、麻薬の所持などによる暴力を伴わない罪で終身刑を言い渡されていたが、過去にキム・カーダシアンの手助けによって釈放に至った。

 

Shares

RELATED POSTS