NEWS

Tyler, the Creator(タイラー・ザ・クリエイター)がビリーアイリッシュ、IGOR、今後の予定などについて語る。「IGORでは80sのサウンドを狙った」

 

 

恐らく多くのリスナーの年間ベストにも入るであろうアルバム「IGOR」をリリースしたTyler, the Creator(タイラー・ザ・クリエイター)。DJ Khaledからの文句もあったが、「IGOR」が彼の最高傑作だと言っているファンも多い。特に自身で全てプロデュース/アレンジをしたラッパーとして、史上初のビルボード1位を獲得したという功績は大きい。

 

【関連記事】Tyler, the Creatorが新アルバム「IGOR」の制作秘話を語る。「EARFQUAKEはジャスティン・ビーバーとリアーナに拒否された」

 

そんな彼がこの度Beats1のZane Loweに出演し、インタビューに答えた。そのインタビューからわかったことをいくつか紹介をしたい。

 

 

IGORについて

彼はIGORが80年代のサウンドを狙っていたと明かす。「80年代のポップスを狙っていたんだ。元々その時代の音楽を嫌っていたんだけど、徐々に自分の好きな年代になってきたし、自分の作品の一部になってきている。」

 

今後の予定

タイラーは、しばらく自身の音楽活動から遠ざかりたいとも語った。今後の2年は、他のアーティストのプロデュースとファッションラインに専念したいと明かしているため、タイラー・ザ・クリエイター名義のソロ作品はリリースされないかもしれないが、彼の音楽は世にリリースされ続けるだろう。

 

コラボをしたいアーティスト

彼はコラボをしたいアーティストとして、ビリー・アイリッシュ名を挙げた。「どんな作品ができるかは全くわからないな。もしそれがクソだったとしても、一緒に何ができるかを試してみたい。」と語った。そんなタイラーの発言を聞いたビリー・アイリッシュは、インスタグラムにて喜びを表しており、「タイラー、あなたがいなかったら、私というアーティストは存在していなかった」と投稿している。

 

 

ビリー・アイリッシュからの反応もあったように、恐らくこの発言をきっかけに2人はコラボに進むことが予想されるので、そちらもタイラーの今後の活動として期待したい。

Shares

RELATED POSTS