NEWS

Freddie Gibbsの「Bandana」は、Nipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)の「Victory Lap」と同じ時期に同じスタジオで制作された。マネージャーが語る当時の裏話。

 

 

Madlibとのコラボ・アルバム「Bandana」を先月リリースしたばかりのFreddie Gibbs。そんな彼のマネージャーであるLamboが、アルバムを制作していた当時について語った。

 

関連記事: Freddie Gibbsが外国で不当に収監されていた時期についてを涙ながらに語る。Madlibの貴重なラジオ番組出演もチェック

 

View this post on Instagram

Bandana Sessions, Summer 2017. Hollywood, CA.⁣⁣⁣⁣ ⁣⁣⁣⁣ We recorded a large chunk of the album during the summer of 2017 at Paramount Recording. Everyday we were there doing Bandana, Nipsey was downstairs working on Victory Lap. Two legends in their own zones doing the best work of their respective careers within feet of each other, only separated by walls. A lot of magic in the air. That same summer our good friend Josh passed, after he had just been in the studio with us for the first time in years. I’m pretty sure the day we recorded “Situations” was the last time we ever saw him. Rest In Peace Nipsey Hussle. Rest In Peace Josh The Goon. The memories live forever in the music.

A post shared by lambolambo (@lambolambo) on

2017年の夏、Paramount Recordingにてアルバムを制作していた。下の階ではNipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)が「Victory Lap」の制作に取り組んでいた。二人のレジェンドが、一つの壁を隔てて、最高の仕事を仕上げていたんだ。不思議な空間だった。

 

他にも、当時の状況について、Freddie GibbsはHotNewHipHopのインタビューにて以下のように語っている。

 

「ニプシーとは毎日会ってたよ。二人でトラックを作れていたらよかったなと思う。彼のことは2009年から知っていたし、ずっと前に曲を作れていたらのにと思うよ。だから悔しいんだ。ニプシーの曲を聴くたびに、なんだか切なくなるんだ。彼については上手く話せないな。Rest in peace。」

 

同じスタジオですれ違いながらも、二人で楽曲を制作することはなかったと語るFreddie Gibbs。二人がコラボしていたとしたら、どのような楽曲になっていたのだろうか?

Shares

RELATED POSTS