NEWS

Tory LanezとJoyner Lucasがビーフをきっかけに友好的な関係を築く。「本物の関係を築いたんだ」

 

 

昨年末、ビーフをしていたTory LanezとJoyner Lucas。当時、Joyner Lucasに対して「お前のキャリアは今日で終わりだ」と発言していたTory Lanezだったが、現在は友好的な関係を築けているようだ。HipHopDXのインタビューにて、Tory Lanezが語った内容を紹介したい。

 

関連記事: Tory Lanezが薄毛克服のため、生涯フィーチャー権と引き換えにヘアドクターの番号をTygaから入手したと語る。

 

みんながわかってないのは、俺とJoynerは、今ではとても良い友人になったということだ。彼は、なんの理由もなく「調子はどうだ?連絡してみただけだが、良くやってるか?」と連絡してくれるような、数少ない人間だよ。

 

続けてToryは、以下のように語っている。

 

俺たちは、「その曲はそんなに好きじゃないな」って言い合えるような関係を築いたんだ。本物の関係だ。ツアーで初めて実際に会ったのは、すごくドープだったぜ。だって他のアーティストと話すよりも、何度も彼と電話をしてきたからな。

 

彼らはChris Brownの「Indigoat tour」にて共演を果たしており、そこで直接会ったことも、友好的な関係を築くきっかけとなったのかもしれない。

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE