NEWS

Royce da 5’9”が自身でプロデュースした新アルバムについて語る。「最高のビートではなく、自分に合ったビートを作る」

 

 

Royce da 5’9”が、今月末にリリースされる新アルバム「The Allegory」について、Geniusのインタビューにて語った内容を紹介したい。

 

関連記事: Royce Da 5’9(ロイス・ダ・ファイブ・ナイン)がエミネムとDJ Premierについて語る。「誰とでもコラボできるわけではない」

 

「Eminemと色んな国でライブをやっていたときだったと思うんだけど、ある夜、DJ Premierと3時間くらいFaceTimeしたんだ。彼はMPCの使い方とかを教えてくれた。それからビート作りにハマって、ひたすらワックなビートやドラムループを作った。」

 

サンプラーの使い方をDJ Premierから教わったことで、自分でビートを作るようになったと語ったRoyce。そのビートを聴いたエミネムの長年のコラボレーターであるMr. Porterから、今度はLogicの存在を教えてもらったようだ。

 

「それから何個もビートを作っていく内に、話したいことが出てきたんだ。それがそのままアルバムになった。」

 

こうして完成したアルバムが「The Allegory」であるとRoyceはインタビューの中で明かしたのだが、彼は自分でビートを作ることの意味についても語っている。

 

「俺の周りの優れたビートメイカーたちと張り合うつもりはもちろんない。敵うわけないさ。ただ、ビート制作とプロデュースが全く別物であると理解している人には、俺のこのプロセスをわかってくれるだろう。プロデュースをするというのは、最高のビートを作るのでなく、自分に合うビートを作るということだ。」

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING