NEWS

Megan Thee Stallionがレーベルを訴える。新人アーティストが注意すべきレーベルとの契約

 

 

レーベルとの確執が原因で音源がリリースできずに嘆くアーティストは多い。また、契約内容についてもっと真剣に考えるべきであったと、自身の過ちを世に語るアーティストは多い。実際の例として、Lil Uzi Vertは新アルバム「Eternal Atake」をリリースできない理由について「レーベルによってアルバムのリリースが妨げられている」という旨の発言を過去にしていた。そんな中、Megan Thee Stallion(ミーガン・ジー・スタリオン)が自身のレーベルである1501 Certified Entertainmentを訴えたとインスタグラムにて明かした。

 

関連記事: 有名ラッパーと学生を両立するMegan Thee Stallion(ミーガン・ジー・スタリオン)がその理由を語る。「6ページの研究論文に悩まされている」

 

ミーガンは動画の中で、1501 Certified Entertainmentが新曲のリリースを妨げていたのもあり、契約の再交渉を求めたが拒否されたと主張している。レーベルと契約した当時はまだ若く、内容も把握していなかったようだ。現在ではRoc Nationにも所属しており、弁護士などもいるため、改めて1501 Certified Entertainmentとの契約を考え直す必要があったと彼女は話した。

 

また、TMZがミーガンとレーベルの実際の契約内容を報道しており、特に新人アーティストは注意すべき点として学ぶことができる。

 

それは音源による売上の60%は1501 Certified Entertainmentに行き、残りの40%がミーガンに入るというものである。それだけ聞くとそこまで悪くないようにも思えるが、彼女はそこからエンジニア、プロデューサー、フィーチャー・アーティストの料金を捻出しないといけないのだ。またレーベルと契約する際にもらう契約金に関しては100万円ほどだったらしく、この条件にしては著しく低いことがわかる。

 

さらにツアーやライブなどの収入は一時的にレーベルが保管するという契約であるが、それについても「故意的に」支払いが不完全であるとミーガンは主張している。

 

レーベルとの契約内容に目を通し、搾取されていないかをチェックする必要があると多くのアーティストが警告しており、今回のミーガンの件も、これからレーベルと契約するかもしれない新人にとっても学べることが多いだろう。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING