NEWS

Tory Lanezが人生ではじめて書いたラップを披露する。「今聞くとゴミだな」

 

 

Tory Lanez(トリー・レーンズ)がAll Defの番組「Arts & Raps」に出演し、子どもたちのインタビューに答えた。彼は番組の中で、人生で初めて書いたラップを披露している。

 

関連記事: Tory Lanezがラッパーたちのインスタグラムでのフレックスをネタにする。「これは俺の車ではない」

 

「人生初のラップ」について子供に質問されたTory Lanezは「君が先に披露してくれたら俺も教えるよ」と答え、合いの手を入れながらラップを聞いた。それから彼は「俺のはそんな長くないよ(笑)」とした上で自分の人生初ラップも披露している。

 

「I’m walking down the street with nothing to do / The sun is out and the sky is blue / I went to my friends house and he just said / Sorry Daystar but I gotta go to bed
何もすることがなくて道を歩いてた。陽が出ていて空が青かった。友達の家に行って、彼はこう言った。ごめんな明けの明星、俺もう寝るから。」

 

こちらのラップについてTory Lanezは「これがマジで俺が初めて書いたラップだ。当時は最高だと思ってたんだよ!もう少し大人になってこれがゴミだって気づくまで、多くの人に披露してた」と心境を明かしている。今ではヒットアーティストであるトリーであるが、最初は彼もこのような子供のポエムのようなラップをしていたのだ。今までいかに努力をして、成長したかが伝わってくる。

 

他にもTory Lanezは「なぜストリッパーに金を投げるのか?そもそもストリッパーとは何か?」という質問に対して「大人になったらわかるよ」と答えており、Lizzoが自分のスピリット・アニマルであることについてなどを語っている。

 

 

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING

PLAY LIST