NEWS

今週のHIP HOPニュースまとめ:リアーナとジェイ・Zが新型コロナウイルス対策として1億円以上寄付、ニプシー・ハッスルの活動を紹介、故Juice WRLDとテカシ・シックスナインのビーフなど

 

 

リアーナとジェイ・Zが、新型コロナウイルス対策としてそれぞれ1億円以上の寄付を行う
大人気歌手のRihanna(リアーナ)と、ラッパーであり事業家のJay-Z(ジェイ・Z)が、新型コロナウイルスで被害を受けた人達の為に、それぞれ100万ドルを寄付したと報じられた。
リアーナが立ち上げたNPO「Clara Lionel Foundation」は、先週、新型コロナウイルス対策の支援として合計500万ドルを寄付している。
リアーナとジェイ・Zが、新型コロナウイルス対策としてそれぞれ1億円以上の寄付を行う。

 

 

ネットフリックスのRhythm + Flowの優勝者、D Smokeが審査員スヌープ・ドッグと一触即発のシーンについて語る
シーズン2の制作も予定されているNetflixの人気ラップ・オーディション番組Rhythm + Flow(リズム+フロー)。こちらの番組のシーズン1の優勝者となったD SmokeがSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)に出身を問われるシーンはご存知だろうか?
番組内での出来事について、D Smokeが「People’s Party」に出演した際に語った内容を紹介している。
ネットフリックスのRhythm + Flowの優勝者、D Smokeが審査員スヌープ・ドッグと一触即発のシーンについて語る

 

 

Futureが医療関係者や患者に寄付するマスクを作ると発表
Future(フューチャー)のNPO団体「FreeWishes Foundation」が「Atlanta Sewing Style」と協力し、医療関係者/患者などに寄付するためのためにマスクを作ると発表した。
Futureの母でもあるFreeWishes Foundationの共同設立者Stephanie Jesterは、プレスリリースにて以下のようにコメントなどを紹介している。
Futureが医療関係者や患者に寄付するマスクを作ると発表。「命をかけている彼らを守るのは我々の責務です」#MaskOnCampaign

 

 

Nipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)が亡くなってから1年が経つ
1年前の2019年3月31日に、自身が経営するアパレル店の前で銃撃され、命を落としたラッパー、Nipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)。彼はラッパーとしてだけではなく、事業家、活動家、そして地域のリーダーとして、積極的に活動していた存在であった。今回、彼の功績を讃えるため、HIPHOPDXがまとめたニプシー・ハッスルの活動について紹介した。
Nipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)が亡くなってから1年が経つ。ビジネスから教育まで、彼の様々な活動を紹介。

 

 

故Juice WRLDとテカシ・シックスナインのビーフ
昨年末に、惜しくも亡くなったJuice WRLD(ジュース・ワールド)。彼が生前、他のラッパーとビーフをしていたという話はあまり耳にしなかったが、一度だけTekashi 6ix9ine(テカシ・シックスナイン)が彼をネタにした動画を公開したことがあった。そんな出来事について、「No Jumper」などの番組で知られるポッドキャスターのAdam22が語った内容を紹介している。
故Juice WRLDとテカシ・シックスナインのビーフ。Juice WRLDがディスられた時の反応とは?

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST