NEWS

今週のHIP HOPニュースまとめ:ビヨンセが歌うライオンキング名曲、Meek Millが司法制度改善を訴えかける、Nipsey Hussleが受賞、Dr. Dreは電話に応答するのか?、カニエの名曲を聴いたチャカ・カーンの反応など

 

 

6月24日の週:HIP HOP DNAニュースまとめ

 

 

BeyoncéとChildish Gambinoがライオンキングの名曲「Can You Feel the Love Tonight」を歌う

実写版の映画「ライオンキング」に、それぞれナラ、シンバ役の声優として出演するBeyoncé(ビヨンセ)とChildish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)。そんな二人が名曲「Can You Feel the Love Tonight」を歌うトレーラー映像が公開された。

Beyoncé(ビヨンセ)とChildish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)がライオンキングの名曲「Can You Feel the Love Tonight」を歌うトレーラー映像が公開

 

 

Meek Millが司法制度の改善を訴えかけるドキュメンタリー「#FreeMeek」
Meek Mill(ミーク・ミル)が司法制度の改善について訴えかけるドキュメンタリー・シリーズ、「#FreeMeek」のトレーラーが新たに公開された。プロデュースにはJay-Z。

Meek Mill(ミーク・ミル)が司法制度の改善を訴えかけるドキュメンタリー「#FreeMeek」の新トレーラーと配信予定日が公開。Jay-Zがプロデュースに参加。

 

 

故Nipsey HussleがBETアワードにてヒューマニタリアン賞を受賞。
6月23日にLAにて開催されたBET Awards 2019。今年のヒューマニタリアン賞(人道的活動をした人物を讃える賞)は、故Nipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)に授与された。

故Nipsey Hussle(ニプシー・ハッスル)がBETアワードにてヒューマニタリアン賞を受賞。YG、DJ Khaled、John Legendなどによる追悼メドレーをこちらでチェック

 

 

サミュエル・L・ジャクソンがファンクの総帥George Clinton役を演じる
サミュエル・L・ジャクソンが、George Clinton(ジョージ・クリントン)役として、カサブランカ・レコードの創設者Neil Bogartの伝記映画「Spinning Gold」に出演すると報道された。

サミュエル・L・ジャクソンがGeorge Clinton(ジョージ・クリントン)役としてNeil Bogartの伝記映画に出演すると報道される

 

 

Travis Scottがオリジナル・シリアルを発売。パッケージは本人考案
Travis Scott(トラビス・スコット)がシリアル市場に参入した。2か月前にはLil DurkwithがSoFlo Snacksとコラボしたオリジナルシリアル「DurkiOs」を発売しており、本人のサインが入ったものも300箱限定で販売されていた。どうやらトラビスも似たようなことを考えているようだ。

Travis Scott(トラビス・スコット)がオリジナル・シリアルを発売。パッケージは本人考案

 

 

The Game「Dr. Dreに電話したら応答すると思うよ。試してみようぜ」

インタビュアーが「やっぱり、The Gameのように交流があっても、ドレーほどの人物と連絡を取るのは難しかったりするの?」と質問をした。The Gameはすぐさま「いや電話したら応答すると思うよ。試してみようぜ」と答え、番組中にドレーに生電話をかけたのだ。

The Game(ザ・ゲーム)が番組の収録中にDr. Dre(ドクター・ドレー)に生電話。ドレーは応答したのか!?

 

 

「1.5点だね。誰が書いたの?良くないよこれは」

数々のラッパーたちが、他のラッパーたちのリリックを読み、5点満点で評価をする番組「Rate The Bars」。この度は数々のリリシストを輩出したノースカロライナ出身のRapsody(ラプソディー)が出演した。

Rapsody(ラプソディー)が「Rate The Bars」に出演しケンドリックやJ. Coleのリリックを絶賛。Bhad Bhabieのリリックは捨てる。

 

 

Jay-Zの1stアルバム「Reasonable Doubt」のアルバム・ジャケットのオリジナル写真や制作秘話が公開される。
今から23年前、1996年の6月25日にJay-Z(ジェイ・Z)の「Reasonable Doubt」がリリースされた。同アルバムのジャケットを撮影したフォトグラファーであるJonathan Mannionのインタビューを紹介したい。

Jay-Z(ジェイ・Z)の1stアルバム「Reasonable Doubt」のアルバム・ジャケットのオリジナル写真や制作秘話が公開される。

 

 

チャカ・カーンの名曲をサンプリングしたKanye Westの代表曲「Through the Wire」。チャカ本人は「嫌いだった」と明かす。
アーティストが個人の経験を表現し、時代を代表する楽曲となったものは多いだろう。Kanye West(カニエ・ウェスト)のデビュー・アルバム「The College Dropout」の1stシングルであった「Through The Wire」もその一つだ。感動的なエピソードがバックグラウンドにある楽曲であるが、元ネタであるチャカ・カーンはこの曲を嫌いだった?

チャカ・カーンの名曲をサンプリングしたKanye West(カニエ・ウェスト)の代表曲「Through the Wire」。チャカ本人は「嫌いだった」と明かす。

 

 

Chance the Rapperの過去のミックステープがストリーミング解禁!

Chance The Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)が、「10 Day」と「Acid Rap」を各ストリーミング・サービスから配信開始したと発表した。

Chance The Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)の過去のミックステープ「10 Day」と「Acid Rap」のストリーミングが解禁される。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING