NEWS

今週のHIP HOPニュースまとめ:ウータン・クランの息子たちがグループを結成、Kodak Blackが46ヶ月間の投獄、エミネムのアルバム「Encore」が15周年

 

 

ウータン・クランのメンバーの息子たちが「2nd Generation Wu」というグループを結成

Wu-Tang Clanのメンバーの子どもたちが、「2nd Generation Wu」というグループの結成を発表した。

SILive.comにて、メンバーのiNTeLLが語った内容などを紹介している。

Wu-Tang Clan(ウータン・クラン)のメンバーの息子たちが「2nd Generation Wu」というグループを結成

 

 

タイラー・ザ・クリエイター主催のフェスでドレイクがブーイング退場。

Tyler, The Creator(タイラー・ザ・クリエイター)主催のフェス「Camp Flog Gnaw Carnival」がLAのドジャー・スタジアムにて開催された。シークレットゲストとしてドレイクが出演したが、SNSではFrank Ocean(フランク・オーシャン)が出演すると噂されていたため、一部の勝手に勘違いしたファンが激怒したのだ。そんな出来事について、タイラーがツイッターにて語った内容を紹介している。

タイラー・ザ・クリエイター主催のフェスでドレイクがブーイング退場。タイラーが観客に怒りのツイート

 

 

Kodak Blackが銃器の所持で46ヶ月間の投獄を言い渡される。

Kodak Blackが銃器を所持していたとして、46ヶ月間の投獄を言い渡された。捜査局は、3月に起きた銃撃事件の現場にて発見された銃器からKodakの指紋を発見しており、それ以外にもさまざまな証拠が揃っているということが報道されていた。

Kodak Blackが銃器の所持で46ヶ月間の投獄を言い渡される。

 

 

エミネムのアルバム「Encore」が15周年を迎える。

2004年のリリースから15周年を迎えたEminem(エミネム)のアルバム「Encore」。こちらのアルバムに収録されるはずであった楽曲たちは当時公開前に流出しているのだが、その流出がいかに作品に影響を与えたのか、Geniusが紹介している。

エミネムのアルバム「Encore」が15周年を迎える。リリース前の楽曲流出がいかにアルバムの内容を変えたか本人が語る。

 

 

リル・ピープのドキュメンタリー映画「Everybody’s Everything」の監督を務めた二人がインタビューに答える。

故Lil Peep(リル・ピープ)のドキュメンタリー映画「Everybody’s Everything」の監督を務めたSebastian JonesとRamez Silyanが、Geniusのインタビューに答えた。

映画と同名の新アルバム「Everybody’s Everything」が11月15日にリリースされる予定であるため、そちらも要チェックである。

故Lil Peep(リル・ピープ)のドキュメンタリー映画「Everybody’s Everything」の監督を務めた二人がインタビューに答える。「彼がどんな人間だったのか、知ってもらいたい」

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST