NEWS

Jay-Zが21 Savageの解放を支援するために弁護士を雇ったと報道

 

 

21 Savage(21サヴェージ)がI.C.E.(アメリカ合衆国国土安全保障省 移民・関税執行局)によって、イギリス国籍の不法移民として逮捕されたことが連日話題になっている。その理由が不当であるとしてさまざまなアーティストやファンが声を挙げており、多くの人が彼の解放を望んでいる

 

そんな中、Jay-Z & Roc Nationが21 Savageの解放を支援するために弁護士を雇ったとTMZが報道した。

 

弁護士のAlex Spiroは「我々は彼が解放されるまで立ち止まりません。彼は4年間ビザの申請が保留中であったため超過滞在する形になり、拘留されるべき犯罪者ではありません。」と、21 Savageが不当に逮捕されていることを説明した。

 

また彼は続けて「むしろ彼は誰が聞いても素晴らしい人柄で、父親で、エンターテイナーなんです」と語っている。

 

「21 Savageの逮捕理由はあきらかに曲解されており、彼のビザ申請は4年も保留されていた。加えて彼はサクセスフルなアーティストであり、早急に家族と再会する権利がある。 #FREE21SAVAGE – Shawn Jay-Z Carter」とRoc Nationから声明が発表されたように、Jay-Zはこの問題が解決に進むために全力を尽くすつもりなのだろう。

 

他にも最近では21 Savageの弁護団の一人が「彼は自身の在留資格を米政府から隠したことはない。」と説明したこともあって、21が不法移民として逮捕されたことにはますます疑問の声が挙がっている。

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING