NEWS

今週のHIP HOP DNAニュースまとめ:ニプシー・ハッスルとJay-Zのコラボ経緯、DaBabyのギャラ、N.W.A.のテープを隠したプロデューサー、カーディ・Bと便秘とヒット曲、Juice WRLD新たな記録など

 

 

Jay-Zとニプシー・ハッスルのコラボ曲「What It Feels Like」はどのようにして実現したか?プロデューサーが2013年に楽曲の制作を開始したと明かす。

 

「What It Feels Like」はブラックパンサー党の重要人物であるフレッド・ハンプトンと黒人解放運動を描いた映画「JUDAS & THE BLACK MESSIAH」のサウンドトラックに収録されており、ニプシーとJay-Zの念願のコラボとなった。以前から交流があった2人であるが、この楽曲はどのようにして実現したのだろうか?この度、楽曲のプロデューサーであるMike & KeysがGQにて語った内容を紹介した。

Jay-Zとニプシー・ハッスルのコラボ曲「What It Feels Like」はどのようにして実現したか?プロデューサーが2013年に楽曲の制作を開始したと明かす。

 

 

 

DaBaby(ダベイビー)をフィーチャリングするにはいくら必要?DaBabyがギャラを公開する。

 

今最も熱いラッパーと言っても過言ではないDaBaby(ダベイビー)。彼が楽曲をリリースする度に大ヒットとなり、彼に対するファンのロイヤリティは高まっている。そんなDaBabyをフィーチャリングするにはどのぐらいの予算が必要なのだろうか?以前は$5000(約53万円ほど)と公開していたが、今の大スターとなったDaBabyはフィーチャリング料金をアップデートしたようだ。

DaBaby(ダベイビー)をフィーチャリングするにはいくら必要?DaBabyがギャラを公開する。

 

 

親にバレないようにN.W.A.のテープを隠した幼少期からドクター・ドレーに信頼されるプロデューサーに。Dem Jointz(デム・ジョインツ)というプロデューサーの人生。

 

ヴィジョンを実現させたプロデューサーがDem Jointz(デム・ジョインツ)。彼はドクター・ドレーのレーベルAftermath Entertainmentでも活躍し、ドレー以外にも、カニエ・ウェスト、エミネム、ケンドリック・ラマーなどの楽曲もプロデュースしてきた。そんな彼のインタビューがHipHopDXに掲載されていたため、紹介したい。

親にバレないようにN.W.A.のテープを隠した幼少期からドクター・ドレーに信頼されるプロデューサーに。Dem Jointz(デム・ジョインツ)というプロデューサーの人生。

 

 

「ゴッドMC」と呼ばれるベテランRakim(ラキム)が後悔していること。「同志であるラッパーたちに敵対意識を持っていた」

 

ヒップホップ業界で最もリスペクトされているラッパーのうちの一人である通称ゴッドMC、Rakim(ラキム)。世に出たとき、リリシズムだけではなく、特にフローという概念を一気に変えた存在として知られているベテランであるが、彼はキャリアのなかで一つ後悔していることがあるようだ。

「ゴッドMC」と呼ばれるベテランRakim(ラキム)が後悔していること。「同志であるラッパーたちに敵対意識を持っていた」

 

 

Cardi B(カーディ・B)が新曲「Up」の超意外な意味を明かす。「う◯ちが出ないときあるじゃん?」

 

大ヒット曲「WAP」に続き、新曲「Up」もヒットとなっているCardi B(カーディ・B)。印象的なMVもあり、はたまたTiktokにてトレンドになっているこちらの楽曲であるが、こちらのサビの「if it’s up, then it’s stuck(もし上にいくと、そこで止まる)」というリリックはどういう意味なのだろうか?この度カーディは、誰もが驚くかもしれない意味を明かした。

Cardi B(カーディ・B)が新曲「Up」の超意外な意味を明かす。「う◯ちが出ないときあるじゃん?」

 

 

Lauryn Hill(ローリン・ヒル)の「The Miseducation Of Lauryn Hill」がダイアモンド認定される。ローリング・ストーンズ誌が選ぶ最も偉大なヒップホップアルバム。

 

1998年にリリースされた”レジェンド”Lauryn Hill(ローリン・ヒル)のソロ1stアルバム「The Miseducation Of Lauryn Hill」。元Fugeesの彼女が唯一ソロでリリースしたこちらのアルバムは、1999年のグラミー賞で10部門にノミネートされ、ローリング・ストーンズ誌が選ぶ「最も偉大なヒップホップアルバム500選」の1位にも選ばれている。そんな歴史的作品が新たな記録を打ち立てた。

Lauryn Hill(ローリン・ヒル)の「The Miseducation Of Lauryn Hill」がダイアモンド認定される。ローリング・ストーンズ誌が選ぶ最も偉大なヒップホップアルバム。

 

 

リル・ウージー・ヴァートが自身のアルバム「Eternal Atake」はそこまで良い作品ではなかったと語る。「ダイアモンド認定されるような曲を出さないといけない」

 

額にピンクダイヤモンドを埋め込んだり、自身の痛車コレクションであったり、何かと常に話題になっているLil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート)。彼は今では新世代のトップアーティストとして知られており、ヒット曲「XO Tour Lif3」は7×プラチナ認定されており、去年リリースしたアルバム「Eternal Atake」はプラチナ認定されている。しかし彼自身は「Eternal Atake」を「良いアルバム」だと思っていないようだ。

リル・ウージー・ヴァートが自身のアルバム「Eternal Atake」はそこまで良い作品ではなかったと語る。「ダイアモンド認定されるような曲を出さないといけない」

 

 

Juice WRLD(ジュース・ワールド)、Spotify上で1億再生を達成した曲が50曲を超えたと報道される。

 

以前Juice WRLD(ジュース・ワールド)がSpotifyの「2020年に最もストリーミング再生されたアーティスト 1位」になったと発表されていた。彼が亡くなった後も、コアなファンが彼の音楽を再生し続けており、まさに「Legends Never Die」という言葉を彷彿とさせる。そんなジュース・ワールドが新たな記録を打ち立てたと報道があった。

Juice WRLD(ジュース・ワールド)、Spotify上で1億再生を達成した曲が50曲を超えたと報道される。

 

 

ドクター・ドレーがヒップホップ文化と世代間の影響について語る。「Run-DMCがいなければドレーは生まれなかった」

 

先日56歳の誕生日を迎えた西海岸のレジェンドDr. Dre(ドクター・ドレー)。彼のヒップホップ文化における功績は計りしれず、最も偉大なヒップホッププロデューサーと言っても過言ではないだろう。そんな彼がFXのHip Hop Uncoveredというシリーズにて、ヒップホップ文化とRun-DMCの功績を語った。

ドクター・ドレーがヒップホップ文化と世代間の影響について語る。「Run-DMCがいなければドレーは生まれなかった」

Shares

RELATED POSTS

VIEW MORE

PLAY LIST

NEWS RANKING

PLAY LIST